恋愛術講師・・佐藤ともやすとは

Profile

 

日本テレビ『イッテQ』などにも出演する日本催眠術協会の
川上先生とツーショットで写る佐藤ともやす。

佐藤ともやすは、日本催眠術の第一人者で「催眠術の神様」
呼ばれている吉田かずお先生の直弟子です。

 

ASP大手インフォトップ社の
30日間ランキング1位を堂々獲得

Rankings

 

口コミで評判が広がり、30日間ランキングでトップを獲得する異常事態に。。


 

Amazon KINDLE書籍で1位獲得の著者が明かす、
次世代型・恋愛コミュニケーション



           



最新の「マーケティング手法」や「脳科学」、「心理学」を恋愛に応用し、
従来のルックスや精神論に頼らない「極めて再現性の高い手法」が好評を呼んでいる。

これまでに約800人を超える男性の恋愛相談に乗ってきており
生徒の年齢も10代から60代と幅広く、学生から企業の社長なども名を連ねる。

現在は、ウェブ上での活動だけでなく、様々な分野のセミナー講師としても各方面で活動している。



 

 

FROM 佐藤ともやす
宮城県仙台市某所

 

まず最初にあなたに言っておきたいことがあります。
対面での会話でもLINEでもそうですが…あなたが女性と

 深い関係になれない…
 恋愛感情を持たれない…
 イイ人で終わってしまう…


これは、『女の“無意識”にアクセスしていないから』です。

無意識とは例えば心臓の鼓動など
「意識ではコントロールができない部分」のことをいいます。


この無意識にアクセスすることができれば、
女性の意識を無意識から操作し、
女性を意のままに操ることが可能になるのです。

 

本やマニュアルでよく目にする
「会話テクニックで感情を動かせばモテる」というのは、
決して間違いではありません。

しかし、『催眠』を使ったほうが、容易にごく短時間で女性と親密になることが可能になるのです。

 

多くの場合、女を口説こうとする男の行動はワンパターンです。

「ごめん、怒った?」→女の機嫌を取る

「俺の大学では常識だぜ?」→自分の凄さを自慢話でアピールする

「いつなら空いてる?」→LINEなどではとにかく会おうとする

「彼氏とご無沙汰なんじゃない?」→それとなく彼氏の存在を聞き出そうとしてくる

「うんうん、わかるよ」→女の話に理解を示す

 

現代の女性は、もはやこういったワンパターンな男を知り尽くしています。
なので、「またか…(ガッカリ)」と思われて終わりです。

 

つまり、現代の女性にはこういった「口説こうとする男のワンパターン行動」
ネットに書いてあるような「小手先のテクニック」は、 もはや通用しないということです。

 

ではどうするのか?

それは『催眠を使って女が無意識であなたと話したくなる、一緒にいたくなるように仕向ける』しかないのです。

とは言っても、「あなたはだんだん眠くなる…」なんて普通に催眠術をやってしまうと、
女性に「怖いんだけど…」と引かれるので、実践的ではありません。

なので、「女性に一切気づかれることなく、女性を無意識から操作するステルス催眠テクニック」
使う必要があるのです。


これまでの対面での会話やLINEの文章を使っているうちは、
どんなに上手に女性を説得したところで、
あくまでも女性の意識下での会話にしかなりません。

意識下の会話とは、例えばあなたが女性に「飲みに行こうよ」と誘ったら、
その言葉は女性の意識下で「行くべきか?行かないか?」
「そもそもこの人と飲んでも危険はないか?」といった「意識の審判」にかけられるのです。

そして大抵は「NO」という判断が下され、
良くても「ランチならいいよ」という結果になっているのではないでしょうか?

女性の意識は「地獄の番犬ケルベロス」のように
常にあなたの言葉一つ一つを審査しています。


だから、いくら小手先のテクニックを使ったとしても、
女性のケルベロス(意識)からは逃れることはできないのです。

 


つまり、あなたは「女性との会話を盛り上げる」のではなく、
『女性の無意識に語りかけること』にフォーカスするべきなのです。


『ステルス催眠プロトコル』を使うことによってあなたは、女性のケルベロス(意識)をすり抜け、
無意識へのアクセスで猜疑心や警戒心を信頼へ変えさせる…

さらにその信頼はあなたへの好意へと進化し、あなたに従順になり依存し始める、
女を支配するノウハウが『ステルス催眠プロトコル』なのです。

 


・会話が苦手でも会話が苦にならなくなります

・人見知りでも「もっと女性と出会いたい」と思うようになります。

・話題で悩む必要がなくなります。

・最初のキッカケ会話で困る必要がなくなります。

・初対面の女性ともごく短時間で親密になれます

「今までにないタイプの男」と女性から思われるようになります。

・女性の方からデートに誘われるようになります

・連絡先を女性の方から求められるようになります。

・女性があなたのこと信じて疑わなくなります

・女性が無意識であなたとの肉体関係を受け入れるようになります

・女性を従順にさせ、依存させることが可能です。

 

これらはあくまでも一部ですが、どれか一つでも気にかかるものがあったなら、
じっくりと読み進めてください。

 

 

当時13歳だった女子中学生が23歳の男に誘拐され、
『約2年間も拉致監禁されてしまった事件』
があったのをご存知ですか?

ここで「女子中学生監禁事件」を知った私は
“あること”に気づいたのです。

それは
「この仕組みを使ったら全くの初対面女性でも俺のことを好きになってしまう…」
「もしも理解ある人がこの“人間の情動スイッチ”を知ることができれば、女性問題を解決できるだろう…」


なぜかそう思えてならなかったのです。

実は…今回、メールマガジンに登録してくれた方にこの
『たった一つの感情を動かす“情動スイッチ”を入れるだけで女をムラムラさせる方法』

そんな音声をプレゼントしたいと考えているのですが…
今すぐ下のフォームから特別音声プレゼントを受け取ってください。



催眠術師がモテる理由

あなたが女性とコミュニケーションするときに使うのが「言葉」です。
この言葉はお互いのことを知ったり、情報交換したりととても便利です。

でも、多くの人は、この言葉の力を最大限引き出していません。
これは別にベラベラ話せと言っている訳ではありません。

ただ、言葉は使い方によって、話をしたり、気持ちを伝えたりするだけじゃなく、
相手に好感を与えたり、恋愛感情を起こさせたり、
果ては相手をコントロールしたりすることまでできるのです。



「いくらなんでも、そこまでは出来ないだろう」
と思うかも知れません。

でも事実、占い師や詐欺師、メンタリストやマジシャン、
催眠術師やカルト教団までもが実際にリアルタイムで使っている手法なのです。


もしあなたが悪意を持って使えば、
女性をその毒牙にかけることは造作もないことでしょう…

でも逆にこの手法を知っていれば、
こういった悪意を持った人たちから自分を守る術にもなりうるのです。

しかも、なぜかマジシャンや催眠術師はモテます。
その理由は、
 女が好むミステリアス性を持っている
 女から見て凄そうなイメージがある
 女は支配的なイメージに期待している


このように女が本能で求める『理想の男性イメージ』を感じさせるからだと言われています。

なので、私たちが女性にモテたいのならば、催眠術を学べばいいと思いませんか?

しかも、催眠術は初心者でもできます。

こういった手法を知っているのと知らないのでは、
女性を落とす上で、まさに天と地ほどの差があるとは思いませんか?

催眠術師は無意識を使う

よくテレビで見かけるような催眠術師も、
この『無意識』にアクセスすることで相手を催眠にかけています。

 腕が上がらなくなったり、椅子から立てなくなる「筋肉支配」
 目の前に霧が現れたり、味が変わったり、音が聞こえなくなる「感覚支配」
 自分の名前を忘れたり、術師が言ったことを忘れてしまう「記憶支配」


こんな催眠術がありますが、これらも全て『無意識にアクセス』しているからできることなんです。

しかし、もしあなたが女性を落としたい、親密になりたい、ホテルに連れ込みたい、と考えた場合、
催眠術を使ったとしたらどうなるか?


確かに女性をコントロールすることは可能だと思います。

現に催眠術には術師を好きにさせてしまう「好き好き催眠」や、
術師を「憧れの人」だと思わせるテクニックなどがあります。


だからと言ってあなたが女性の前で
「体の力が抜けて、だんだん眠たくなってきます…」なんて、やります?

まず、男がそんなことしたら女性は「怪しい!」と警戒色を強め、
「催眠術で好き勝手に弄ばれるかも…」「絶対にこの人にコントロールさせない…」
拒絶されるのがオチです。


ということは、私たちが女性を落とす場合には「催眠術を使うことは不可能」ということになります。

これは催眠術において実に困ったことなのです。

なぜなら、催眠には超簡単に言えば2つの要素が必要だからです。
一つ目に「催眠誘導」で、二つ目に「暗示」です。

私たちがテレビで見る催眠術とは、「犬になれ!」「絶対に起き上がれません!」
「自分が誰かわからなくなります!」などと派手なものですが、
これは「暗示」の部分だけなので、これだけでは人間を催眠状態にはできないのです。

催眠術で最も重要なのが「体の力が抜けて、だんだん眠たくなってきます…」という
「催眠誘導」だからです。

つまり、催眠術で最も重要な「催眠誘導」なくして催眠術をかけることは不可能なのです。

「じゃあ、無理じゃん!」
ちょっと待ってください。

実は女性に催眠術と一切気づかれないで、
女性に暗示を入れることが可能な手法が存在します。


あなたは女性に気づかれずに「俺が好きになる」などの暗示を埋め込むことが可能になるのです。

無意識にアクセスすれば暗示を入れることが可能に?

とても簡単に言うと、私たち人間には『意識』と『無意識』があります。

『意識』とは「顕在意識」とも呼ばれるもので、私たちが日頃生活している時に、
いろんなものを見たり、聞いたり、話したり、考えたり、泣いたり、笑ったり、怒ったり、
こういった現象すべては『意識』で起きています。

逆に、寝ている時は『意識』が薄れていくので『無意識』が起き出してきます。

私たちが寝ている間に見る夢も、「あのタレントの名前なんだったかな~」と思い出せなくても数日後くらいに突然思い出すのも、すべて『無意識』が検索したり記憶の整理をしているからなのです。

『無意識』は『潜在意識』とも言われていますが、ここでは同じ意味として扱います。
また、この『無意識』は私たち人間が起きているときでもバックグラウンドで働いているのです。

例えば、催眠術では相手の無意識に暗示を入れる為、
術者の暗示の言葉を相手は記憶していません。


術者に何と言われて催眠に入ったのかわからないのです。
この「無意識に暗示を入れる」ためには「無意識の扉を開く必要がある」ということになります。

女の心の闇を浮き彫りにする禁忌(タブー)なテクニック

人は誰しも心に闇を持っています。

普段は決して見せない、心の奥に密かに潜んでいるダークサイドのことです。

一旦そのダークサイドに落ちてしまえば、そこはかとなく続く闇に飲まれてしまいます。

つまり、精神が不安定になってしまうからです。

精神が不安定になると、人間のホメオスタシス(恒常性維持機能)は、危険を察知し、
「今すぐ安定させなければ!」と、どんな手段を使ってでも精神を安定させようとする
『強制力』が働くのです。

わかりやすく例えるなら…

あなたの目の前にいる女性に対して『ステルス催眠テクニック』の一つである『サスペンドスクリプト』を用いれば、その女性の心の奥底に潜んでいる「ダークサイド」を表面化することが可能になります。

ダークサイドが表面化した女性の精神はとても不安定になり…
目の前にいるあなたに頼らざるを得ない状況に追い込まれます。

つまり、『女性の精神は、あなたを受け入れることで安定を図ろうとする』ということになります。

これは悪用されればとんでもない事態を引き起こしかねないので『禁忌(タブー)テクニック』としています。

女のケルベロス(意識=理性)を超えられないから失敗する

⇒ 一種に飲んでいる女友達とイイ感じになったとしても…
⇒ どんな最高の口説き文句で落とそうとしても…
⇒ 女がベロンベロンに酔っていたとしても…


その女と肉体関係になるために、私たち男には超えなければいけない壁があります。

それが『女のケルベロス(意識=理性)』です。

これはあなたが例え「ジャニーズばりのイケメン」でも、
「1000人斬りの史上最強のナンパ師」でも、
「恋愛のプロであるキャバ嬢を依存させてしまう名うてのホスト」でも、


毎回『女のケルベロス』のせいで、女とヤレる確率が極端に低くなってしまっているのです。

この『女のケルベロス』が超えられないために、今まで長い時間を使って
苦労してデートにこぎつけたとしても手ぶらで帰るハメになるのです。


「いったいどうすれば狙ったあの子を落とせるのか?」
その基本はいたってシンプルです。

LINEならまだしも、実際に女性と対面で会話する場合、その状況は刻一刻と変化していきます。

そんな状況下で数千数万とあるテクニックを使うのは至難の技です。

でも、その本質を理解していれば、『たった3つの法則を知っているだけ』で、
あなたはいかなる状況下でも、ごく短時間で好意を抱かせ、恋愛感情を刺激し、
女を落とすことが可能になるのです。


女性を落とすために『無意識に語りかける』には、
『ケルベロスを眠らせる』ことがキモになります。


その中の一つが『女性が受け入れたくなる言葉』です。

無意識に語りかければ、警戒心をすり抜けることができる

『無意識に語りかける』

なんて、「果たしてそんなことが可能なのか?」と、
ちょっと難しそうに聞こえますが、実は初心者でも簡単にできる手法が存在するのです。

女性にモテない、関係が進展しないと感じている男性は、
多くの場合、相手の女性が受け付けられないような言葉を使っています。


例えば、まだ出会ったばかりなのに「可愛いよねぇ」とか、
本人も気づいていないのでしょうがニヤニヤしながら「スタイルがいいねぇ」と言ってみたり、

あからさまに「彼氏いないの?」と聞いてみたり、
女性が笑顔で対応してくれるのをいいことに「下ネタ発言」を連発したり。

終いには今まで全く無関係な話をしていたのに「ホテルに行こう」などと言ったり…

これらを『女のケルベロス』がその言葉を理解し、「超無理」と論理的に判断します。

 

でも、この『女のケルベロス』のガードをスリ抜ける方法があります。
それが「女性が受け入れたくなる言葉」です。
この言葉を使われてしまうと、女性は「無意識の扉が開いてしまう」のです。

 

そもそもモテる男は、この「女性が受け入れたくなる言葉」を巧みに使って会話を展開します。

「女性が受け入れたくなる言葉」には大きく分けて2つあります。

1.否定できない単語を使う
2.あいまいに話す

です。

1.否定できない単語を使う

「飲みに行こうよ」

前述した通り、こいういった女性の意識に上がる言葉は、
女性に「No」と言ってくれ!と言っているようなものです。


逆に、「意外と飲みに行ったら楽しそうなキャラだね」と言われたら?

女性はこの言葉を否定できません。

なぜなら、「意外と」、「飲みに行ったら」、「楽しそう」
これらの単語が否定できない単語だからです。

 

女性は否定できない単語を使われると、
女性の脳内では番犬であるケルベロスをすり抜けて
無意識に単語が書き込まれます。

 

つまり、女性のなかで「この人と飲みに行ったら楽しそう」という認識として記憶されるのです。

例えば、初対面の私からあなたに
「あなたはイケメンですね」と言われたらどう感じますか?

「まあ、嬉しいけど社交辞令かな」
と感じるはずです。

では、これではどうですか?
「あなたは意外とイケメンなところがありますね」

さらに、
「あなたは自分の本当の魅力に気づいていないようです」

・・・
どうですか?
あなたはこの発言を否定できますか?

こう言われてあなたは「否定とかより、ちょっと嬉しいかも」
「俺って魅力的な面があるんだな」
と感じませんでしたか?

これと同じで、女性を褒めるときも「否定できない単語」を使うと効果は絶大です。

否定できない褒め言葉

モテ本や恋愛マニュアルにはよくこう書いてあります。

「女性は褒めるな」
「女性は褒めた方が良い」


果たしてどちらか?

答えは簡単です。
「普通に褒めるな」です。

女性は褒めた瞬間にその言葉は意識に上がり、例によってケルベロスに審査されます。

「この男は私を褒めてどうしたいのだろうか?」
「下心があるのでは?」
「何か企みがあるのかも?」


こういった疑念が女性を襲うのです。

では、褒めなければどうなのか?

「私のことをいったいどう思っているのかわからない」
「私に好意がないことは間違いない」
「興味すらないように見える」


こう見られてしまいます。

ではどうすればいいのか?

「◯◯ちゃんは服もかわいいんだね」

たったこれだけで女性のケルベロスをすり抜け、
無意識に「服を褒められたけど、他の部分もかわいいと思ってもらっている」と感じます。


つまり、「自分で気づいていないだけで外から見て初めて気がつく魅力がある」ことを暗に伝えているということです。

「女のケルベロスを騙して、無意識にダイレクトに言葉を入れる」
だからこそ自然に伝わるのです。


後日、私がこの単語を使った女性に聞いたところ、
「うれしいかも」「他の男とは違う目を持っている」などと感じたそうです。

2.あいまいに話す

女性は『運命』や『不思議なこと』が大好きです。
だから、目に見えない世界や占いにハマるのです。

推理ドラマやサスペンス映画を見ていても、
「絶対にあいつが犯人、私にはわかる」
とか言っている女性も多いです。

この理由は女性が『妄想好き』なので、
我々男が発した一言から多くのことを連想してしまうのです。

もし女性に、「次はBARに行こう」と言っても、
大抵の場合「終電の時間が…」「明日の朝、早いから…」とかわされてしまうと思います。

でも、「今日は食事楽しかったね。ありがとう。なんとなく、もう少し話したいな。寂しいのかな?俺(笑)」と言われたら?

たとえ女性から「何か話したいことがあったの?」「なんで寂しいの?」と質問されたとしても「なんとなく」というだけでいいのです。

すると女性は「少しなら…」と承諾するのです。


女性は、女性としての特性や育ってくる過程で結果的に『運命論信者』が多く存在します。

それとは逆に私たち男は論理的思考をするように育てられます。

だから「女は理解しがたい」という男性が多いのですが、逆にその特性を利用して

・なんとなく
・なぜか
・運命的な


などといった「あいまい単語」や、

・あいまいな表現

を使えば、女性の意識に上ることなく、無意識で女性は
「確かになんとなくそう思うかも?」と同調しやすいのです。


別の表現をすれば、こういった表現は否定できない言葉でもあります。

例えば、「君はかわいいね」と女性に言えばケルベロスの餌食になりますが、
「君ってなんかかわいいよね?」と言われれば、女性は否定できません。


たとえ女性が「どこらへんが?」と聞いてきても
「なんかさ、うまく言えないけどさ」と言われたら
「そうか、うまく言えないことってあるよね」と共感されます。

これは女性自身がそうだからです。

私たちも誰かを好きになった時、「どのへんが好きなの?」と聞かれても、
「うまく言えないけど、なんとなく」と感じると思います。


それと同じで、これらの「好き」という感覚は無意識下で感じているものです。

なので、意識下では言語化できない(うまく言葉で表せない)のです。

リアルを共有する

女性と短時間で親密な関係になることは決して難しくありません。

あなたはただ、
「女性が受け入れたくなる言葉」を
女性に伝えていくだけでいいのです。


実はこの会話にはもう一つの秘密が隠されています。
それは『リアルの共有』です。

『リアルの共有』とはあなたと女性の現実世界が一致しているということです。

つまり、他の誰にも入ることのできない、二人だけの現実空間を作り出している、とも言えます。

あなたは毎日何をしていますか?
朝起きて、朝食を食べて歯を磨き、支度をして駅まで行き、電車に乗って会社に行っていますか?

会社が終われば同僚などと居酒屋に行き、
帰りにDVDをレンタルしたりコンビニに寄って帰宅してますか?

簡単に言えばこれが『あなたの現実』です。
もちろん、「相手の女性の現実」も同様に存在するのです。

普段はそれぞれの現実を生きていますが、二人が会話をし、リアルを共有した瞬間から
二人の世界が作り出されます。


これが起こるとお互いに信頼感や充実感が生まれ、
脳内ホルモンのドーパミンやベータエンドルフィンが放出されるので、
とても大きな幸福感に包まれます。


ごくシンプルに言えば、これはまるで恋人同士が楽しく会話をしている時と同じことが
二人の脳内で起こっているのです。

強い変性意識状態=トランス状態

女性は「女性が受け入れたくなる言葉」を囁かれると
強い『変性意識状態』に意識が変化します。

これはよく言われるトランス状態のことです。

『車を運転している時に「ボー」っとしてたら、いつの間にか目的地についていたり、その道のりの過程を思い出せなかったり…』

『会議や打ち合わせで「考え事」をしていて、話の内容が聞こえていなかったり、記憶にすらなかったり…』


時間があっという間に過ぎる感覚、周囲の音が聞こえていない感覚、
何かに没頭したり集中したりする感覚が『変性意識状態』ということになります。


つまり、私たちが日常で体験していることを意識的に行うのです。

催眠術では術師が苦労し時間をかけてこの『変性意識状態』にすることで、
被験者に暗示を入れて初めて、見ている人たちが「催眠術だ」と感じるのですが…

この手法では相手の女性に一切気づかれることなく、
女性を強い変性意識状態へと誘導してしまいます。


 まず、「女性が受け入れたくなる言葉」で女性はあなたから
『無意識』に対して『強制介入』を受けます。

 そしてリアルが共有され、女性の脳からはドーパミンなどの脳内麻薬が次々と放出、
嫌が応にも一気にトランス状態に導かれるのです。

 

この『リアルの共有状態』では、面白いことが起こります。
それは、あなたと女性の心理が同調する現象です。


例えば、あなたが
「君がどんな恋愛をしてきたのか興味があるんだけど」

と女性の恋愛遍歴を聞きたそうなそぶりを匂わせれば、女性は
「私は3人と付き合ってきたけど、最後に分かれたのは半年前かな…」などと話してくるし、

「もちろん気持ちも大切だけど、体の相性も大事だよね」
とセックスを匂わせば、

「それは大事だよ。セックスは嫌いじゃないし…」
などと何の疑いもなくセクシャルな会話ができてしまいます。


こうなれば、女性にセックスを連想させる、つまり、女性の情欲を引き出すことは
赤子の手をひねるより簡単なことになります。


では一体なぜこんなことが起こるのか?

人体の特性を逆利用する方法

あなたと女性の心理の同調も、『変性意識』と同様、
実は毎日私たちが既にやっていることなのです。


例えば、「暑い」と感じるとあなたの脳は肉体に「汗をかけ」と命令します。
するとあなたの肉体は汗をかき始めます。

また、あなたが走ったり、運動を始めれば、脳は身体中に血液を送り、
筋肉が素早く動けるように「心臓の鼓動を早めよ!」という命令を送ります。

すると、あなたの心臓はドキドキと鼓動が早まり、走ることができるのです。

これらは『ホメオスタシス(恒常性維持機能)』が働くためです。

これと同じで、あなたの肉体、例えば「視覚」や「聴覚」、「嗅覚」や「味覚」、「触覚」と言った『五感』に、何らかの刺激を与えることで、 相手の女性にあるイメージを連想させたり、逆に「先に女性にイメージさせて肉体にフィードバックさせる」ことも可能なのです。

つまり、

あなたが放つ言葉や、相手女性から見たあなたの仕草や動作が女性をセクシャルな気分にさせたり
リラックスさせることで「この人といると居心地がいい」と感じさせることができる、ということになります。

こう聞いて、あなたは…
「果たしてそんなことが本当に可能なのか?」
といった期待と疑念が入り混じった感情かも知れません。

でも、これらのことは私たち人間が常に行っているか、もしくは体験している、
ごくありふれた現象なのです。

では、いくつか例を出します。

根拠①=口内に溢れる液体

まず、レモンを可能な限りリアルにイメージしてみてください。

覚めるような明るい黄色をした、みずみずしいレモンです。

次に、そのレモンをまな板の上にのせ、取り出した包丁で真っ二つに切ります。

新鮮なレモンの中から大量の果汁が出てきました。

最後に、先ほど真っ二つにした、その新鮮なレモンの片方を口に含みます。

一口かじると顔をしかめたくなるようなレモン果汁が、あなたの舌を刺激します。

 

いかがですか?

レモンをかじったことがある人なら、この文章を読んで口の中に唾液が溢れてきたと思います。

これは別に文章でなくても構いません。
BARであなたの隣にいる女性がカクテルに乗っているレモンをかじって顔をゆがめているとしたら…

同じようにあなたの口の中に唾液が溢れてくるのではないでしょうか?

根拠②=見てるだけでドキドキ

あなたは映画館にいます。

今日見る映画は公開されたばかりのハリウッド映画です。
あなたは前評判のいいこのサスペンス映画を楽しみにしていました。

映画が始まり、程なく見ていると主人公が犯人に襲われています。

「あーそこ行ったら危ないって!」
「もっと慎重に動けよな」

あなたはまるで主人公になったように感情移入をしています。
あなたの心臓は主人公が取る行動に「ドキドキ」と高鳴り始めます。

・・・

 

あなたにもこんな経験があるはずです。

別にあなたが危険なわけでもないし、怪我をすることもありません。

大勢のお客さんと、どこよりも安全で耐震構造のある
空調の整った快適な映画館の中で座っているだけです。

なのに、なぜか怖い映画を見てドキドキする…
これが精神と肉体が常に同調している証拠なのです。

根拠③=もらい泣きする女たち

感情が高ぶったり、悲しい映画や感動する映画を見たりした時、人は涙を流します。

そして時にその涙を流す人を見て、同調して泣き出してしまう人がいます。

そう、「もらい泣き」です。

私は以前、『涙活』という感動する映画を見て涙を流すことで、
仕事は日々のストレスを解消するサークルに参加したことがあります。

参加者の8割以上が女性で、誰かが涙を流し泣き始めると
途端に多くの女性たちが「もらい泣き」し始めます。

こういったサークルの良いところは、

・女性が多い
・活動をするだけでラポールが築ける(ラポールとは「強い心のつながり」のようなものです。)
・連絡先交換が容易


と良いことずくめなので、あなたも参加することを強くお勧めします。

この『涙活』は全国でもやっているので、
SNSのコミュニティーなどを検索してみると出て来ると思います。

「もらい泣き」も映画館での効果と同様に、
「ある特定の環境下で感情移入すると肉体や精神(感情)が同調する」
と言った人間の特性を見ることが出来ます。

実はこれらの『根拠』の中に、女性の無意識に強制介入し
肉体関係を覚悟してしまうヒントが隠されています。

いかがですか?

つまり、ここで言いたかったことは、
『変性意識』や『ホメオスタシス』は私たちが毎日体験していることで、
これを意識的にコントロールして女性に使う、ということになります。


この手法はあなたにとって、かなり強力な武器になると思います。

「この男の子供を産みたい」と思わせるホメオスタシスの秘密

大きな地震があったり、台風などの自然災害が起こったときには、なぜか出生率が上がります。

特に2011年3月に起きた東日本大震災では「出生率が2倍」近くにまで跳ね上がったのです。

これは、『女性に災害による恐怖や不安といった情動が起こり、その女性の現実を変えてしまったから』なのです。

あなたは今、パソコンやスマホの画面を見ていると思います。
このサイトの文章にかなり集中しているので、今のあなたの現実感(リアリティー)は、
この画面に対して感じていると思います。

でも、実際にあなたがいる世界は、現在あなたがいる場所です。

これを女性との会話に置き換えると、女性があなたと話している時は、
女性は現実世界の感覚は薄れ、あなたとの会話に現実感を持つことになります。

あなたとの会話への現実感が強まれば強まるほど、強烈なラポールが作り出され、
あなたと女性の心は繋がっていきます。

あなたと女性の心の繋がりが強くなるほど、心が同調していき、女性はあなたを好きになっていきます。

その時に会話の主導権を持っているあなたが「その場を支配できる」のです。
これがハイパーラポールです。

女性を説得しない手法

今までの手法で主に使われている方法論は「説得法」がベースとなっているものです。

だから、「こう言われたらこう斬り返せ」とか「こういう時はこう話せ」など
多くのことを学ぶ必要がありました。

でも、それって実践の場でどのくらい使えるのでしょうか?

女性との会話はそれこそ秒単位で刻一刻と変化しています。

そこにおぼろげながら暗記したような生兵法な「小手先のテクニック」をいくら羅列したところで、
最後に必要とされるのはあなた自身の押しの強さです。

「説得が効かないなら、最後は強引に押せ!」
多くのマニュアルではこう叫んでいます。


でも、そもそもそれができれば苦労しないのです。

以前の私も含め、この日本には女性に対して強引さを使える人はごくごく限られた一部の人です。

第一、そう言った女性を口説く上での労力や苦労、
時間を短縮するためにあるのが『ノウハウ』なのです。


それなのに、「最後は精神論」でまとめてしまうのはあまりにも怠慢だとは思いませんか?

私の考える『ノウハウ』とは、例えば、

あなたが1年かけても得られることのない知識や気づき、発見を提供し、
それら全てが「今すぐ試してみたい」と感じるものであること。

そして、その『ノウハウ』を実際に使ってみて、
しっかりと何らかの結果をもたらすものであること。

シンプルでわかりやすく、何回も聞きたいものであること。

 

この3つは最低の条件だと考えています。

でも、ハイパーラポールを使えば、
初心者でも簡単にどんな女性でも、相手の女性の方から積極的に、


「なぜかもっとあなたと一緒にいたい」
「何となくあなたのことが好きかも」
「不思議と体を許してもいいと思った」


などと言ってくる特別な手法になります。

『ステルス催眠プロトコル』が学べるプロジェクト

これまでお話ししたノウハウをあなたにも学ぶことができるように、
独自の習得法を駆使してメソッド化した
『ステルス催眠プロトコル』を提供する準備をしています。

このノウハウは外見や学歴、収入や人脈は一切必要ありません。

日本語ができて、スマホでネットが見れれば誰でも参加できます。

人が人を好きになるのに理屈は要らないのです。

あなたは参加者専用のメンバーサイトにいつでもアクセスでき、
パソコンやスマートフォンからいつでも好きなだけ学ぶことができます。

 

また、わからなくなったりした時は「専用のサポートメール」を使って
私に直接相談することができます。

この『ステルス催眠プロトコル』の内容を紹介しますが、悪意のある利用を防ぐため、
秘匿性の高い内容になっていますので、内容の一部のみ紹介とさせていただきます。。

 


 

・知るだけで女が落とせる『催眠支配3つの法則』とは?

・女との会話が楽しくなる『自我と盲点の秘密』とは?

会話もセックスも女が依存してしまう『トランス状態』の効果とは?

・催眠にかかりやすい女だけを見抜く『被暗示性テスト』とは?

・多くの人が知らなかった『催眠術の本質』とは?

・ステルス催眠テクニックの概要=催眠手法の会話への入れ込み

・洗脳支配のキモである『ホメオスタシスの秘密』とは?

女が短時間で好意を示す『アブストラクションレベル』

『話を聞くだけで女がトランス状態になる方法』とは?

・まるで彼氏彼女のような恋愛感情を女に強制的に起こす『○○フィードバック』とは?

女を意のままに操る『意識の書き換え』とは?

あなたがいなくても女を操れてしまう『A&T』とは?

 



 

イヤでも女にモテてしまう『トランスマシーンになる方法』とは?

・簡単に女を変性意識に入れるトークメソッドとは?

一撃でトランスに入れる『サプライズアクション』とは?

・女にエロ妄想を抱かせる『右脳アタック』とは?

・女の意識を書き換えるステルス催眠会話テクニックとは?

・物語口調で話されると女は警戒心を外しコントロール可能になる=ストーリーテリング=感情記憶と体感記憶を引き出す

依存の原理=女の意識を不安定にさせればあなたに依存してくる方法とは?

・共通点を作り出し◯◯度を合わせ、女が本能で繁殖行為を望んでくる手法とは?

・快感記憶を引き出して女がエロくなる方法とは?

・相手が毎日あなたを何回も思い出してしまう『ハイパーアンカー』とは?

女を一撃で虜にする『ハイパーラポール』の方法とその使い方

初対面の女性とごく短時間で深い関係になる『ディスビリーフの埋め込み』とは?

・女性から『ある記憶』を引き出すだけであなたに恋をしてしまう『スリ替えの技術』とは?

一撃で関係をより深める『◯◯の感情』とは?

たった一言で相手を支配下に置く『オーダーコメントの法則』とは?

女性が喜んで悩みを打ち明けてくる『ディープスロート法』とは?

浅い会話が一気に深くなる『ヘイトスピーチ』とは?

女性を一瞬で変性意識に入れる『◯◯法』とは?

・当たる占い師が使う『マインドプロファイリングの秘密』とは?

・会話をしながら女性を変性意識に入れ、暗示をブチ込む『トランス会話法』とは?

 

などなど、ここでは紹介しきれない門外不出のノウハウを伝授します。

3つの特別特典を用意しています。

今回の募集に限り、私がこれまでにひた隠しにしてきた、極秘中の極秘である「超実践的な手法3つ」を特別特典としてあなたに開け渡そうと考えています。

 

▼特典1.女が引き込まれるキッカケ会話『ノークエッションメソッド』


・初対面の女性とまず何を話したらいいか悩んでませんか?

この手法を使えば、女性に「またか…」と思われる「ムダな質問」を一切やることなく、
女性からの会話を引き出してしまう、これまで私がひた隠しにしてきた極秘のメソッドをあなただけに教えます…


▼特典2.セックスのハードルが低いヤレる女のパターンを公開


・私の成功率が高い理由の一つに「エロカワなヤレる女を選ぶ」というのがあります。

もし「女を落とす自信がない」というなら、この手法を使って誰でも簡単に落とせる「エロカワなヤレる女」を見極め、 あなたの成功体験にしてみてください。一度でも落とせれば、今後あなたの恋愛に大きな自信ができると思います…


女に恋愛感情を抱かせるアイコンタクト手法


・もし、あなたが女性と目を合わせるだけでその女に惚れられるとしたら?

少なくとも、好意を寄せられるとしたら、やらない手はないと思います。昔から「目は口ほどに物を言う」と言われるほど、視線にはパワーがあります。 もちろん決してオカルトな話ではない、れっきとした科学の話です。しかも、やることはアイコンタクトなので、失敗することもありません。


 

と、非常に実践的でパワフルな、知った瞬間に「今すぐ試してみたい…」と感じるテクニックです。

しかし、すべての人に差し上げられるかどうか?は、約束することはできません…
その詳細は以下をしっかりと読んでください。

さらにプロジェクトへの参加は人数を制限しています

私の個人的な意見としては、より多くの人にこのノウハウを試していただきたいと考えていました。

でも、このノウハウを実践してくれているコンサル生の方々から、

「このノウハウは強烈すぎる。悪用する人がでたら大変です。」
「多くの人が使って仕舞えば、このノウハウが一般化してしまいます。
さすがに効果は半減するでしょう。」


といった意見をもらっています。
なので、このページは頃合いを見て予告なしに削除するつもりです。

また、私は既婚者です。子供もいます。
あなたとの信頼を大切にするために、あえて本名で活動しています。

このことを妻は理解していますが、子供達のそれを強いるのは、あまりにも不憫です。

なので、子供達がインターネットで私の活動を知る前に、
このサイトを閉鎖するつもりです。


実際、サイトを閉鎖すると「今日参加しようと思っていたのですが、サイトにアクセスできません!」などというメールが後を絶ちません。

後でそうなっても、サイトの再開は一切致しませんので、
参加する意思がある場合は、今すぐ参加しておいて下さい。

門外不出のノウハウなため、参加条件があります…

今回のプロジェクトには2つの参加条件があります。

ひとつ目は決して冷やかしで参加して欲しくない。と言うことです。。

冷やかしで参加されると、無駄なサポートや手続きが増えて、
真剣に参加している人へ大きな影響が出るからです。

真面目に悩んでいて、その問題を真剣に解決したいと願う人のジャマをしないであげてください。

それは日本人の一番いいところである「思いやり」なのです。

また、古い日本人の悪いところである「消費者意識」を持っている人の参加はご遠慮願います。

「消費者が神様だ」という神話は、古き良き日本だけの因習です。
世界的に見ると、そんな消費者は誰も相手にしません。
嫌なら参加しなければいいのです。

自分の意思で行った行動にすら、自分で責任を取れない人は、そもそも人にモテません。

以上まとめると、参加条件はたった二つです。

1.このノウハウを真剣に実行する人
2.責任感を持っている人


つまり、最低限の常識を持っていれば、大丈夫です。

どんなに辛くても、ひどい状況でも「一生懸命がんばる人」や「前向きな人」が私は大好きです。
どんなことをしてでも助けてあげたくなってしまいます。


なので、「実践報告」をくれたり、「実践する上で気づいたこと」などを教えてくれた人には、
LINEかskypeで私がが直接『スポットコンサル』をするつもりです。


「話すだけで3倍モテるようになる」と言われている、私のコンサルを一度受けてみてください。

気になる参加費について

ところで、あなたは月にどのくらいの金額を女性との出会いやデートに使っていますか?

10万円ですか?それとも5万円ですか?
え?3万円?
1万円…

ここでまず、最速でモテる方法を話します。
それは…「金に糸目をつけないこと」です。


 ブランドファッションに身を包み、数百万円の腕時計にフェラガモの靴を履き、
 財布には300万円ほどつめて、金曜日の午前0時に3000万円のフェラーリで
 渋谷のクラブの前に乗りつければ、イヤでも女が群がってきます。

つまり、『モテたいならメチャクチャ働いてお金を稼いでガンガン使った方が速い』のです。

「でも、それができないから困ってるんですけど?」
以前の私もそうでした。

人見知りで口下手な私は、「どもり」という障害を抱えながら、
頭数として友人に誘われるままに合コンを繰り返していました。


この「どもり」は、たまに出てくるので、未だに完治していません。

私の音声を聞いている人は少なからず気づいた人もいると思います。

お金もない、人脈もゼロ、スキルもないで、どもりを抱え、
「いったいどうすば彼女ができるのか?」
そんな問題を抱える10代?20代でした。


「お金さえあればモテるのに!」

そう思い、多くのビジネス高額セミナーに参加しました。
しかしその考えは後に大きな過ちだったことに気づくのですが…

私が参加したビジネス高額セミナーでは、
「集客とセールス」について、人間の行動心理学の観点から、
「いかにファンを作り、売上を上げるか?」を学びました。

ある日、そのビジネスの技術が
「女に使ったらモテるんじゃね?」
ということにふと気づいたのです。


それからが試行錯誤の日々でした。
実践に次ぐ実践の日々。

ある時、私はさらなる発見をしたのです。

それが「脳科学における催眠技法」でした…

それを使い出した途端に、キャバ嬢から風俗嬢、OLから金髪白人美女まで、
ありとあらゆる女性に試し、その効果への自身は確信へと変化していったのです。




私がシチリア島にバケーションに行った帰りの飛行機で親密になった白人2人です…


そこで気づいたことは、
「例えお金がなくても女は落とせる」ことでした。


しかし、そのためには相応の『知識や技術』が必要だということです。

多くの人がこの『知識と技術』をマスターするために、どれだけの対価を支払ってきたことか…
対価と言ってもお金だけではありません。お金なんてまた稼げばいいのです。

でも、人間には決して取り戻せない、『時間や感情』は、
私たちの人生では一番価値の高い貴重なものなのです。


私がこれまでに使った高額セミナーや約300冊の恋愛ノウハウ、
実験での経費などの総額は約930万円です。


ですが、「支払った時間」は約5年です。

だからこそ、

 

「真剣に問題を解決したいと頑張っているあなたに、
私と同じ苦労を味わって欲しくない」

 

という思いで今回のプロジェクトを始動しました。

ただし、あなたがこのプロジェクトに参加する費用を
「一体いくらにすればいいのか?」
と、決めかねていました。

そこで、930万円という数字から、
「参加費は9万3千円が妥当ではないか?」という考えがありました。


『苦労してメソッド化した門外不出の他にはない独自のノウハウ』ですから、
あなたが今後一生「女に困らない」人生を手に入れる対価としては非常に破格だと思います。

でも、あなたがどんな仕事をされてどのくらいの収入があるのかわかりませんが、
9万円は大金だと思います。なので、半額の4万6,500円にしようと考えました。

あなたが女性問題で今後一切困らなくなる、
一子相伝と言っても過言ではないノウハウとして、非常に格安だと正直思います。

しかし…私のことを初めて知る人も多い中、
どこの馬の骨ともわからない男に5万円弱を支払うのは、怖いかも知れません。


と言っても私も安売りする気はありません。
そのくらい自信を持っているノウハウなのですから。

ただ、私も苦労を知る人間なので、同じ境遇のあなたに自分のできることをしたいという思いから、
今回は3万9,800円でいいです。

とても安いですが、参加しやすいと思います。

 



【教材内容:動画約8時間
【価格:39,800円先行価格24,800円

商品についてこの教材は「会員専用のWEBサイト」からご視聴頂けます。
お支払い方法クレジットカード、銀行振込・郵便振替、コンビニ決済、BitCash、ちょコムeマネー
サポート講師の佐藤ともやすによる無期限・無制限のメールサポート有。
お問い合わせ商品に関することで質問や分からないことがあればこちらからお問い合わせ下さい。
≫お問い合わせフォーム

 

 

追伸1:

あなたにも経験があるはずです。

「気にはなってるんだけど、失敗したくないので迷っている」

そして、しばらくすると、その迷っていたモノが必要な状況がやってくる

「あぁ、あの時、決断しておけばよかったのに…」

あなたがこのサイトを読んでいるのは、
このサイトに何かしらの興味や関心を惹かれたからです。


興味や関心を惹かれたということは、あなた自身の無意識が、
あなたにとって必要だと判断したからに他ならないからです。


だからこそ、「やるべきか?やらないでおくべきか?」と迷う時は大抵、
その後に必要になる状況がやってくるのです。

でも逆に、「ちょっと不安はあるけど、実際やってみると思い切ってやってみて良かった」
といった経験もあると思います。

それは、あなたの無意識で必要だと判断したことを、
あなたの意識で決断した結果、良い方向に向かったという、
あなた自身も体験したことがあると思います。

これはあなたの人生の満足度に大きく関わる部分なので、もう一度考えてみてください。

「自分は一体何になりたいのか?」

・魅力的な男だと女性に認められたい
・多くの女性が無意識で選ぶ男になりたい
・女性に大きな喜びを与えたい
・女性をコントロールしたい
・女性を使ってビジネスを展開したい


人によって様々だと思います。
でも、これらを叶えるのは『他の男が持っていない独特なコミュニケーションスキル』なのです。

追伸2:

ここまで読んだあなたは、忍耐強く、努力家で高いI.Qの持ち主でしょう。

その上、自分の人生の先をしっかりと見ている、才能に溢れる人物だと思います。

なぜなら、多くの男性はこういった長い文章をしっかりと読むことが出来ないからです。

文章を読もうとする忍耐力に欠け、その内容を理解する「読解力」も持ち合わせていないからです。

そういった男たちは、短期的な欲求を満たそうとするだけで、自分の未来はもちろん、
女性のことすらも考えない、ただ、女性とハメる事だけを欲求のはけ口としている…
「女性はただの穴」としか思っていない男が非常に多いのです。


しかし、ここまで読んで内容を理解しているあなたは違います。
自分の未来を自分だけの力で切り拓ける力を持っているのです。


まさに『Pioneer of Life(人生の開拓者)』なのです。

現代の女性は、あなたの持つ潜在的な『フロンティアスピリット(開拓精神)』の魅力を見逃すほど、バカでも天然でもありません。

そもそも女性は「か弱い生き物」です。
男であるあなたがちょっと腕を強くつかんだだけで骨折するほど、
力にも社会的にも大きな差があるのです。

あなたのそういった才能を無意識で感じ、
本能で魅力を感じてしまうのが女なのです。

そんな、価値のあるあなたの潜在的な才能が埋もれたままでは、もったいないどころか、
これは社会的な損失になると言っても決して過言ではないのです。

本やマニュアルでは知ることのできない貴重なノウハウと特典を提供しています。
これらは、あなたの潜在的な才能を開花させる発端になる、と私は心から信じています。

あなたのような思慮深い才能あふれる男を待っている、
未来でのパートナーになる女性たちに大きな喜びを与えてください。

追伸3:

繰り返しになりますが、このページは予告なしに削除される可能性がございます。

私は既婚者です。子供もいます。
あなたとの信頼を大切にするために、あえて本名で活動しています。

このことを妻は理解していますが、子供達のそれを強いるのは、あまりにも不憫です。

なので、子供達がインターネットで私の活動を知る前に、
頃合いを見て予告なしに、このサイトを閉鎖するつもりです。


実際、サイトを閉鎖すると
「今日参加しようと思っていたのですが、サイトにアクセスできません!」
などというメールが後を絶ちません。

後でそうなっても、サイトの再開は一切致しませんので、
参加する意思がある場合は、今すぐ参加しておいて下さい。

 

 

 

 


 

当時13歳だった女子中学生が23歳の男に誘拐され、
『約2年間も拉致監禁されてしまった事件』
があったのをご存知ですか?

ここで「女子中学生監禁事件」を知った私は
“あること”に気づいたのです。

それは
「この仕組みを使ったら全くの初対面女性でも俺のことを好きになってしまう…」
「もしも理解ある人がこの“人間の情動スイッチ”を知ることができれば、女性問題を解決できるだろう…」


なぜかそう思えてならなかったのです。

実は…今回、メールマガジンに登録してくれた方にこの
『たった一つの感情を動かす“情動スイッチ”を入れるだけで女をムラムラさせる方法』

そんな音声をプレゼントしたいと考えているのですが…
今すぐ下のフォームから特別音声プレゼントを受け取ってください。